出雲市周辺ガイド カテゴリの一覧表示


Page 43 of 43« First...3940414243

出雲駅伝!!

出雲駅伝

 

 

 

 

 

 

毎年恒例、日本三大大学駅伝の一つ「出雲駅伝」の季節がやってきました。

今年は10月12日(月)に開催されます。

13:00~15:25にフジテレビ系列で全国生中継されます!

今年も21チームが参加し、出雲の街を駆け抜けます。

 

 

コースは出雲大社から始まり、八岐大蛇(やまたのおろち)退治の舞台となった斐伊川や、

出雲地方独特の防風林である築地松(ついじまつ)が見られる斐川町や、

来年公開予定の映画「RAILWAY」の題材となった一畑電車(BATADEN)が走る平田町、

そして島根ワイナリーを通過し、ゴール地点の日本最大級木造ドーム「出雲ドーム」を目指すというものです。

 

 

秋の出雲平野の田園風景をご覧になれます。

テレビ中継でも見応えは充分ですが、生で見ると選手の息づかいが伝わりさらに楽しいですよ!

 

 

また、この連休には「夢フェスタin出雲」というお祭りがあります。

商店街で出店やフリーマーケットが開催され、出雲で長年伝わる「おろち踊り」のパレードも行われます。

そのほかにもいろいろな催し物があり、多くの人で賑わいます。

 

 

イベント盛りだくさんの10月の連休に出雲に遊びにいらっしゃいませんか?

当館も若干シングルの空室がございます。

早めのご予約をおすすめしておりますので、

ご利用の方はお問い合わせ下さい!

島根県立古代出雲歴史博物館!


 











出雲大社神苑の東に古代出雲歴史博物館という施設があります。

平成19年3月10日にオープンした新しい博物館です。


大社の歴史や、青銅器が展示してある「テーマ別展示室」と、島根の歴史を紹介する「総合展示室」、

出雲神話のストーリーを上映する神話シアターがメインの「神話回廊」、

そして期間展を行う「特別展示室」という4つの展示室に分かれています。


古代出雲の歴史だけでなく、石見銀山や三瓶山の埋没林、たたら製鉄、相撲、一畑電車など、

島根に関する様々な歴史を知ることが出来てとてもおもしろいですよ!


見所は展示室だけではなく、入り口へ続く桂並木や、北山との調和を図った風土記庭園、

勾玉作り等ができる体験工房の裏にある埴輪の森などたくさんあります。

また、スタッフの方々の制服も古代出雲をモチーフとしていてユニークです。


とてもきれいな博物館です。

出雲大社のお隣ですし、出雲大社に行かれるさいは、

この博物館に寄られるとより一層出雲を楽しむことが出来るのではないでしょうか?

「ぜんざい」発祥の地出雲☆

053

 

 

 

 

 

 

 

出雲地方は旧暦の10月を「神在月(かみありづき)」といいます。

このとき、全国の神様が出雲に集まり、「神在祭(かみありさい)」という神事が執り行われています。

そのお祭りの折に振る舞われたのが「神在(じんざい)餅」です。

その「じんざい」が、出雲弁(ずーずー弁)で訛って、「ずんざい」、さらには「ぜんざい」となって、京都に伝わったといわれています。(日本ぜんざい学会HPより)

ちなみに、ぜんざいを京都に広めたのは出雲阿国(いずものおくに)だといわれています。 

 

というわけで、出雲ではぜんざいを全国に向けてPRしています。

上の写真は出雲大社の神門通りにある、坂根屋さんがやっておられるぜんざい餅屋さんです。

また神門通りには、「日本ぜんざい学会」さんが運営されているぜんざい屋さんがあり、店内で出雲ぜんざいを味わうことが出来ます。

ほかにも各地のお土産物コーナーではいろいろな和菓子屋さんのぜんざいに関する商品が発売されています。

ぜんざいの饅頭や、プリンなど珍しいものもありますよ!

 

ちなみに10月31日は「出雲ぜんざいの日」だそうです。

出雲に神様がお集まりになる「神在月」に、歴史ある「出雲ぜんざい餅」を召し上がってみませんか?

 

さらにぜんざい情報を知りたい方はこちらをご覧下さい↓
日本ぜんざい学会HP

夜の岩坪の不思議

126

   












前回ご紹介した岩坪です。

この場所の夜の見所は「星☆」です。

空を見上げて北極星を探してみてください。

岩坪と北極星を結んだ線の延長線上には・・・・




「出雲大社」があります。

この位置関係が計算されているとしたら、神話の時代から人々は天文学の知識を持っていたのかもしれませんね。

出雲神話と自然の関係ってロマンティックですね!


残念ながら、北極星の写真が撮れなかったので、興味のある方は足を運んでみて下さい。



※周りには街灯がありません。行かれるさいは照明器具を持参されることをおすすめします。

また、北極星は林の上の方に見えますが、出雲大社は見えませんので、ご注意下さい。

岩坪

128133  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩坪(いわつぼ)は神西湖南部の農道を少し入ったところにあります。

出雲風土記によると、須佐之男命(すさのおのみこと)の御子である須世理姫(すせりひめ)が産湯をおつかりになった場所だそうです。

上の写真のように、林道沿いに杉の木に囲まれた小さなほこらがあり、その裏手流れている小川に写真(右)のような丸い穴の開いた岩があります。

岩坪自体小さなものですが、須世理姫誕生の地ということから、須佐神社よりも強力なパワースポットだという説もあります。

 

 

地元でも知らない人が多いレアスポットです。

農道沿いに目印の石碑がありますが、初めて行く方にはわかりにくいと思いますので、

詳しいことはお問い合わせ下さい。

旧大社駅2

SLデゴイチ

旧大社駅にはD51 774が展示してあります。

これは本州を最後に走ったSLだそうです。

 

 

トイレ

そしてレアな情報ですが・・・

旧大社駅に併設されているトイレは平成12年に行われた全国トイレサミットにおいてグッド・トイレ10に選ばれたそうです。

記念にこのトイレを利用してみませんか?

旧大社駅1

大社駅2

↑全国でも珍しい純和風の木造の駅舎です

 

旧大社駅は神門通りを南に下った駅通りにあります。対象13年に改築されてこの形になりました。

もともとJR大社線の大社駅でしたが、平成2年に大社線は廃止され、その後旧大社駅舎は平成16年に国の重要文化財に指定されました。

 

 

大社駅構内3

↑内観

 

 

旧大社駅は一般公開されているので、ホーム内に入ることも出来ますし、駅舎内も夕方5時までなら見学することが出来ます。

改札やきっぷ売り場などの設備も当時のままの形で残っているので、大正時代にタイムスリップした気分を味わえます。

インテリアもレトロでとてもおしゃれです。

昔の乗車券や備品等を展示するコーナーもあるので、大社線の歴史を知ることもできますよ。

また、駅舎を利用して地域の人たちがイベントを開催したり、カフェを開いたりといろいろな取り組みが行われています。

 

出雲大社に行かれる際は旧大社駅まで足をのばしてみてはいかがでしょう?

稲佐の浜

弁天島↑弁天島

 

出雲大社から海へ向かっていくと稲佐の浜という海岸に出ます。

夏場は海水浴客で賑わい、花火大会も行われています。

日本の渚百選にも選ばれた見晴らしの良い美しい海岸です。

中央には弁天島と呼ばれる大きな岩が有ります。

ここには祠があり、かつては弁財天を祀っていたそうですが、現在は豊玉毘古命がお祀りされています。

 

この地は出雲風土記に登場する「国引(くにびき)神話」の舞台でもあります。

毎年、神無月(出雲地方では神在月)には「神迎祭」と言う神事が行われます。これは、日本海からお越しになる全国の八百万の神様をお出迎えし、出雲大社にご案内するためのものです。

この神事には全国各地から沢山の大社教信者の方や、観光客の方々が大勢お越しになられます。

神秘的な神事で、出雲大社の神事の中でも重要なものの一つです。

 

今年は11月26日(木)の日没後に行われます。

 

※ちなみに、この時期は当ホテルながたも混み合いますので、早めのご予約をお待ちしております。

国立公園日御碕海岸グラスボート

グラスボート

またまた日御碕ですが・・・
日御碕神社から歩いてすぐの港では、グラスボートが運行されています。

 

 

日本海の海中散歩はいかがですか??

回遊魚の群れや、根付きの魚が見れますよ。

運行期間は4月下旬から10月上旬まで。

料金は大人1000円、中学生以下500円で、朝の8:40~16:35に運行しているそうです。

 

 

ちなみに、写真後方の島は、ウミネコの繁殖地の南限として有名な経島(ふみしま)です。

ウミネコは毎年11月頃から7月頃まで経島にいるので、時期が重なればボートから数千羽のウミネコを間近で観察することもできます。

 

 

今年の運行期間はあとわずかですが、日御碕にお越しの際は是非乗船してみてはいかがですか?

日御碕神社のだるまおみくじと干支お守り

日御碕神社ダルマ

↑日御碕神社の手のひらサイズのカワイイだるまのおみくじです。だるまの中におみくじが入っているので、おみくじを取り出したらだるまを飾ることが出来ます。我が家にも飾ってあります。一個300円です。御利益がありますように!!

いのしし

また社務所では、十二支のお守りを販売しています。木彫りの携帯ストラップお守りなので、肌身離さず持ち歩けます。こちらも可愛らしいお守りです。記念にいかがですか?大切な人への贈り物にも良いかもしれませんね。

日御碕神社!

 

↑下ノ宮

日御碕神社5

↑上ノ宮に続く回廊

日御碕から車ですぐ(歩いても行けます)の所にある神社です。国の重要文化財に指定されています。

出雲では唯一の権現造り(朱色の柱や丸い屋根、飾りの彫刻が特徴)の珍しい神社です。天歴二年(今から約千年前)に建立されましたが、現在の形になったのは江戸時代で、徳川家光将軍の命により幕府直轄工事として江戸より匠を招き10年の歳月をかけて竣工されました。同時代に竣工された日光東照宮と同じ様式の建築材料を使用されたこともありこの造りになったそうです。

この神社には、下ノ宮に天照大神、上ノ宮に神素戔嗚尊が祀られています。「日本の夜を護る神社」だそうです。ちなみに昼は伊勢神宮が護っているそうです。

出雲の國神仏霊場20番目(最後の)札所です。

かわいいお守りやおみくじも有りますよ。詳しくはこちらをご覧下さい!

 

 

 

 

 




日御碕灯台

 

  090814_141616090814_140714

日御碕灯台です。石積みの灯台としては高さが東洋で一番高い灯台です。
高さ、43.65メートル有ります。世界の歴史的灯台百選に選ばれています。
光達距離約39キロ

南方に浮かぶ経島に、11月月頃から海猫が飛来し、繁殖します。7月頃に北飛び立ちます。
国の天然記念物に指定されています。

灯台の周りには、食事処が点在し、ご当地海鮮丼として「みさき丼」が有名です。

港からは、グラスボートが運行しており日本海の海底や回遊する魚の群れが見られます。

出雲大社の遷宮

izumotaisya

出雲大社の遷宮風景です。
本殿の檜皮葺きの葺き替え中で本殿がスッポリ工事用の大屋根で覆われています。
中に見学で入れました。檜皮の厚さにさすがに、間近でみるとビックリしました。
この遷宮の工事は、2025年の5月10日までかかるそうです。
また、檜皮の葺き替え職人は、日本に2人しか居ないそうです。

須佐神社

e9a088e4bd90e7a59ee7a4bee69cace6aebfe9a088e4bd90e7a59ee7a4bee69d89-1

島根県出雲市佐田町にある、須佐ノ男(スサノオ)命の奥様をお祭りする、須佐神社です。

パワースポットとして知られています。
美輪明宏さんやスピリチャルカウンセラーの江原さんなどが、パワーを頂くためによく訪れて居るそうです。
一度訪ねてみては、如何ですか。

須佐神社の裏側に根を張る杉の大木です。この木の根に生命力の力が宿されていると信じられています。
多くの人が、この杉の根に触れて、パワーを頂いて行くそうです。

出雲市周辺観光マップのご案内

ホテルながたは、島根県出雲市の中心部 JR出雲市駅より徒歩約5分の好立地
周辺の観光の拠点としてご宿泊いただいております。

出雲市周辺観光マップへリンク
出雲市周辺観光マップ(PDFファイル 743kb)

上の画像をクリックすると、出雲市周辺観光マップ(PDFファイル)が別窓で開きます。
PDFファイルは、A4版で印刷出来るようサイズ調整しています

 

ホテルながたへのアクセスは、アクセスガイドページをご覧ください

ホテルながた所在地図

ユアサ文具

ユアサ文具は文具店さんですが、ホームページの作成やコンピュータでお世話になっています。
また、Webショップで天然石を販売され、店舗にも水晶を始め珍しい天然石が並んでいます。

ユアサ文具

ユアサ文具

天然石が並ぶお店です

天然石が並ぶお店です


Page 43 of 43« First...3940414243
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可