出雲国造北島家の歴史

2.出雲国造の任命と国造家の姓(かばね)

 天穂日命が出雲大社に御奉仕になって以来、その子孫が代々出雲大社の斎主として神勤奉仕なさっていましたが、第12世氏祖命(おほしのみこと)の代になって、
崇神天皇(すじんてんのう)の御世、国の制度として国造職が定められ、氏祖命以降しばらく出雲の国の国造職を兼務されることになりました(国造本紀による)。
ここで注意したいのは、国造職は国の制度の上では廃止になりますが、出雲ではなぜかこの職名が習慣的に残り、中世、近世の公式文書にも記録されています。
最初は国の職名であったものが敬称として残り、今日に至ったものと思われます。また、当時は一般には家の姓がないのが普通でしたが、国造家第17世国造宮向の時代に
「出雲」の姓を賜ったことが、当家所蔵の建保2年(1214)8月新院庁御下文(おんくだしぶみ)に記されています。

カテゴリ:出雲大社, 出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2012/07/15
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可