松江城の特徴

松江城は、南に流れる大橋川を外堀とする輪郭連郭複合式平山城で、天守の構造は4重5階・地下1階、2重の櫓の上に3階建ての
望楼式櫓をのせています。
山陰地方唯一の現存天守としても知られています。
外観ですが、正面入り口は鉄延板張りの大戸、枡形の附櫓、天守下層は、黒色の下見板張りで防御面が配慮され、上層は入母屋千鳥破風に
華頭窓が付いています。この大きな千鳥破風から「千鳥城」呼ばれています。
質実で有りながら、華麗さを併せ持つ、桃山時代初期の天守の姿を現代に伝えています。
天守台の石積みも「牛蒡済」と呼ばれる古い形式がそのまま残り歴史の重みを感じさせ、風格のある佇まいは、名城を感じさせます。

 

カテゴリ:出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2012/10/17
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可