勾玉の形

勾玉の形を魂の形を表現したとする人類学者もいます。鉤形の装身具には身体から遊離する魂をつなぎ止め、外部から侵入してくる邪霊を防ぐ役割が
あったと考えられます。この勾玉を始め多くの玉類を中心的に生産していたのが、出雲地域であった事が、100を超える玉作関連の遺跡が確認されています。
弥生時代前期から古墳時代まで玉作が行われ、一度終焉を迎えますが、再び奈良時代から再開され、平安時代まで続きます。ひとつの地域で長期間にわたり
玉作が行われたのは、出雲地域だけです。その大きな要因が玉造温泉の背後にある花仙山があげられます。
花仙山からは、良質な出雲石と呼ばれる瑪瑙や碧玉、水晶など玉作りには欠かせない玉材が豊富に産出されます。

 

 

カテゴリ:出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2013/05/31
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可