勾玉は何故あんな形なのか?

勾玉や管玉などの玉類は、その独特の形状や目を見張る様な色彩から、非常に神秘的な美しさを感じてしまいます。
原始古代の人々もそう感じていたようです。古墳や遺構などの発掘調査によって多くの玉類が、出土しています。
玉類はアクセサリーとしてだけでは無く、所持する事によって権威を示し、祭祀、儀礼における道具のひとつとして使われていたようです。
時代・地域・場面・階層などの違いによって様々な役割があったようです。色々な意味合いを持つ遺物です。
その玉類に中でもひときわ異彩を放つのが勾玉です。勾玉は、縄文時代からすでに観られ、形状は「く」もしくは「C」の形をしています。
端には紐を通す孔が開けられています。素材も翡翠、碧玉、ガラス、琥珀、土、金など様々な勾玉が造られていたようです。
丸玉といった他の玉類とは一線を画していたようです。
神話の中で登場するアマテラス大神が身につけていた八坂にの曲玉が有名です。
勾玉の起源については、多くの学者の方々が調査、研究なされ獣牙や魚、釣り針、胎児、月神などのなどの諸説がありますが、定説ではありません。
しかし、この奇妙な形は偶発的なものではなく、必ず共通点があると考えられます。

 

 

 

カテゴリ:出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2013/05/30
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可