「隠岐国分寺蓮華会舞」(おきこくぶんじれんげまい)

平安時代から継承され、国の重要無形民俗文化財に指定されている貴重な伝統芸能です。
毎年弘法大師の命日にあたる4月21日、隠岐国分寺本堂前庭の特設舞台で奉納されていますが、惜しくも2007年2月、
隠岐国分寺本堂で起きた火災により面・衣裳・道具一式を焼失しました。
 しかし、2007年11月にはすべてを復元することができ、それを祝う「隠岐国分寺蓮華会舞 復興記念公演」が2008年3月に開催されました。
 独特の舞楽と仮面で有名な隠岐国分寺蓮華会舞(おきこくぶんじれんげえまい)。この舞は、奈良時代以来、宮廷で行われるようになった宮廷舞楽の流れをくんでおり、
平安のころ隠岐に伝えられたようです。古代の宗教儀式の様子を色濃く残していると言われ、その起源としてインド、中国、朝鮮半島と広くアジア各地の舞踊が考えられています。
使用される面や衣装もエキゾチックな雰囲気が漂い、国際色が豊かです。

 舞台は、二人の子どもが菩薩の面をつけて眠りだす「眠り仏」で幕を開け、頭に角を持つ「獅子(しし)」、少年の剣舞「太平楽(たいへいらく)」、
素朴な農作業のしぐさがユーモラスな「麦焼き」、昇龍(しょうりゅう)の面を付け飛び上がったり滑稽にふるまう「龍王(りゅうおう)」、
田楽風の「山神貴徳(さんじんきとく)」と続き、優美な衣装で静かに舞う「仏舞(ほとけまい)」で幕を閉じます。

 

 

カテゴリ:出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2012/12/04
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可