八俣の大蛇伝説のあらすじ

天照大神大御神が治める高天原で、大暴れをしていたスサノオの命は自慢の髭を切られ手足の爪を全部抜かれて、天上界を追放されます。
出雲の国の斐伊川上流にある山、鳥髪に降り立ったスサノオの命はアシナヅチの神とテナヅチの神、娘のクシナダ姫と出会います。
アシナヅチの神達が嘆き悲しんでいたのは、頭が8つ尾が8つ、8つに峰を這い渡る程の長さをもつ怪物、八俣の大蛇の存在でした。
毎年、アシナヅチの神の娘を1人ずつ食べ、今年は最後に残ったクシナダ姫の番になったのです。スサノオの命は、クシナダ姫を娶る
事を条件に」、大蛇退治にかかります。用意した桶の酒を飲んで酩酊したスサノオの神は剣で斬り殺しました。
その際、大蛇の尾から後に草薙の剣と名付けられる太刀が出てきました。
スサノオの命とクシナダ姫は出雲国の須賀に宮殿を建てました。建設中の立ち上る雲を見て、スサノオの命は
「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」と和歌を詠んだそうです。これが、日本で一番最初の和歌といわれています。
2人は宮殿で子を産み、6代目として生まれたのが大國主命だそうです。スサノオの命はその後、母神のいる根の堅州国へ行ったそうです。

 

 

カテゴリ:出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2013/03/04
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可