卑弥呼の鏡が出土した?其の二

国内で二例目となる「景初三年」名鏡の発見に、全国から熱い視線が注がれる事となりました。「景初」とは中国三国時代の魏の年号で、その「三年」
は邪馬台国の卑弥呼が魏に使いを送った西暦239年で。この時魏の皇帝より「親魏倭王」の称号と金印・銅鏡百枚を与えられたと、記録には残っており
その鏡の一枚では無いのかと考えられたからです。三角縁神獣鏡は、縁の断面形が三角で、背面に神獣の文様が配置されている鏡です。
日本各地の前期古墳から多く出土していますが、大和王権が各地の豪族に分け与えたとも考えられています。
もう一枚出土して「景初三年」銘鏡は、大阪の和泉黄金塚古墳から発見された、平縁の画文帯神獣鏡で、三角縁神獣鏡ではありませんし、
卑弥呼が授かった銅鏡が、三角縁神獣鏡なら中国本土でも出土していても良いのですが、一枚も発掘されていません。
その逆に国内では、500枚にも及ぶ発掘例があるのは何を意味しているのでしょうか?

 

 

 

三角縁神獣鏡

カテゴリ:出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2013/05/23
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可