出雲大社とは

大きな注連縄が架けられた拝殿、その背後には高さ24メートルの威容をを誇る御本殿があります。またその背後には、神奈備山である八雲山がそびえています。
出雲大社は、普通は「いずもたいしゃ」と呼ぶと思いますが、出雲では、「いずもおおやしろ」と呼んでいます。また、古代の神殿は高さ48メートルもあったようです。
現代のビルにすると15階位の高さだったようです。古代建築の技術の高さには、驚かされます。出雲大社の参拝作法は、二拝四拍手一拝です。他の神社とは違いますが何故、四拍手なのかは現在でも諸説があり謎です。御本殿内部の神様の配置も違い、御祭神の大國主命は正面を向いていません。御本殿正面右側、東側で西の方角を向いてお座りになっています。御本殿を一周すると真西に当たる場所に、参拝する場所があります。この場所から御祭神の正面に向かってお祈りをします。

 

 

カテゴリ:出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2013/07/03
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可