大国主大神がまで若い頃、修行中に日本海の彼方から幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)という魂が現れ、「ムスビの大神」になられた
シーンを表しているそうです。昭和61年に寄贈されました。御神像は、鋳物で出来ています。銅の鳥居手前の手水舎の横にあります。

 

 

 

 

ムスビの御神像(銅像で見る大國主大神)