書院=藩主の間

臼庭から式台を上がると、昔は番頭、手代が机を並べていた「店の間」に続いて、10畳と6畳の二間続きの「書院の間」があります。これが本陣宿 をしていた当時、藩主の居間に当てた部屋です。床柱の上部に埋木の跡があるのは、天保14年(1843年)、藩内に厳しい倹約令が敷かれたとき 、長押(なげし)を取り払った跡です。二間を仕切る襖の「猛虎図」は、鳥取藩お抱えの絵師土方稲嶺の作です。ケヤキ一木彫りの欄間「麻の葉透かし 花籠図」は、名工小林如泥に師事して出藍の誉れを博した梶谷東谷軒(雲南市出身)の大作として知られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2013/11/08
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可