大正天皇御便殿「飛雲閣」

さらに奥に進んで10畳二間続きの上段の間は、明治40年(1907年)大正天皇が皇太子のみぎり、山陰行啓にあたりご昼食を差し出すために 新築したもので、随行の東郷平八郎大将の揮毫により「飛雲閣」と命名されました。設計は当主の13代久右ヱ門黄雨自らがあたり、用材、調度品 なども東京、京阪神まで足を運んで調達するなど、心血を注いで完成に漕ぎ着けました。 欄間は、明治、大正時代に木象嵌の名手として知られた青山泰石の作。表に「舞楽欄陵王之図」、裏に「波に千鳥之図」と、ケヤキの一枚板に表裏 図柄を異にするところに泰石の特技が見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2013/11/11
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可