王墓と呼ばれる西谷三号墓

弥生時代後期後半に造られたと考えられています。その規模は50㍍×40㍍で全国的に見ても最大級の弥生墓です。当時の出雲には強大な勢力を
持つ豪族がいたと考えられています。墳丘裾部には平らか河原石を2万個から3万個を敷き詰め、墳頂部には複数の埋葬施設が造られています。
埋葬施設には、大量の朱が敷き詰められ、色鮮やかな異形勾玉や鉄剣など多くの副葬品が出土しています。
出土した大量の土器の中には、吉備(岡山県)や越(北陸地方)から運ばれてきた土器もありました。こうした事を考えると、当時の出雲地方を支配して
いた王は吉備や越の勢力と盛んに交流していたと考えられます。また同じ時代に安来地方にも大型の四隅突出型墳丘墓含んだ墳墓群があります。
代表的な遺跡として、中仙寺古墳群や宮山墳墓などがあり、弥生時代後期の出雲は宍道湖を挟んで出雲平野を中心とする西部と安来平野を中心とする
東部に大きな勢力を持つ部族がそれぞれ存在していたようです。

 

 

 

 

カテゴリ:出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2013/06/06
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可