十六島海苔(うっぷるいのり)

 

 

 

 

 

 

 

「出雲国風土記」に記載されたほど、その歴史は古く、奈良・平安時代には貢納品として朝廷へ納められていました。
きめが細かく、香りが上品、紫色がかった黒につやがあり、最高級の岩海苔といわれる。正月の雑煮が代表的な料理ですが、和・洋・中華に生かせる食材として期待されています。
冬、日本海の高波とのりのぬめりですべりやすい岩場で、スパイク付きの地下たびをはいた女性たち(シマゴと呼ばれる)が、じゅうたんのように貼り付いているのりを、
指先で巻き付けるようにして採っています。
旬は12月から2月。季節と生産地、生産者が限定される希少品です。また、地元出雲では新年の雑煮には欠かせない食材です。

 

 

 

 

 

 

 

予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可