何故、祟りが起こるのか?

 

 

 

 

 

 

(北野天満宮)

 

霊魂・御魂というのは、様々な「働き」をします。「荒魂」の働きの一つ「祟り」、死後の人間の霊魂による祟り
に注目してみたいと思います。歴史には権力闘争が渦巻いています。戦闘が繰り返され、陰謀や裏切りがあります。
志半ばの非業の死、戦いによる絶命、失意の憤死など数えきれません。その結果、世間に祟って、現在まで語り継がれる
人物も沢山います。神道の人間観から言えば、人にも霊魂があります。人は、神と同様の「働き」をします。
神道思想家、吉川惟足は、死後の霊魂は日之少宮に永遠に留まって神の天地造化を助けるといっています。
本居宣長も、死後の霊魂は、一部はこの世に留まり、神霊と同じく世の人々の幸福を支援するといっています。神霊の
要素には、勇猛ではあるが世の天変地異や不幸を招く働きもあります。「荒魂」です。人間の霊魂も「荒魂」の働きを
するときもあります。特に、恨みを持って死ねば、荒ぶり、祟り、世の中に不幸をもたらす蓋然性は低くないのです。
そこで古代人は死後の霊魂(御魂)を神として盛んに祀りました。「荒魂」を沈め祟りは鎮めて欲しい。出来ることなら
「和魂」となって人々を守護し、幸福をもたらして欲しいと願ったことでしょう。「御霊信仰」という考え方が登場します。

 

 

カテゴリ:観光情報 最終更新日:2014/09/18
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可