オオクニヌシの国譲り

再度、タケミカヅチが来て、オオクニヌシに尋ねます。
「二人の子供は恭順の意を示したが、貴方の考えはどうなのですか?」
オオクニヌシは答えます。
「子供達と同意見です。この国の全てを献上しましょう。
だが、私の住まいとして、天つ神の立派な宮殿のような建物をお造り下さるのなら、幽界に身を引いて静かに暮らしましょう」
これを確認したタケミカヅチは高天原に帰り、葦原中国(山陰地方中部)の平定と帰順を報告しました。

古事記通りに解釈すれば、オオクニヌシは弱腰で国を譲り、その代償として建ててもらったのが、出雲大社(島根県出雲市大社町)となります。

しかし、日本書紀の巻第二神代(下)には、強気のオオクニヌシの姿が記されています。国を譲るかとの問いに対し、「俺が元々いるところえ後からやって来て、
何を言うか」と追い返します。
すると様々な好条件を提示されて合意形成となるのですが、その中に御殿(出雲大社)の建設があります。
弱腰か・強気のいずれにせよ、高天原側が御殿を建てたようです。
ところが、オオクニヌシはこの建物には住まないのです。
「建物を造ってくれるのなら、幽界に身を引く」と言っているからです。
オオクニヌシは、なぜ住みもしない建物を要求したのでしょう。
学問の世界でもこの部分は謎のようです。

2月に遷宮前の最後の一般拝観が、行われます。

詳しくは、℡0853-53-3100(6:30~20:00)までお問い合わせ下さい。

Tags: ,

予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可