出雲大社の祭神オオクニヌシは横を向いています。

出雲大社の創建は古く古代まで遡ります。様式も独特で、大社造りと呼ばれています。
特徴は、切妻造で妻入りです。切妻造とは屋根の形式の一つで、本を開いて伏せた時のような屋根の形です。
妻入りとは、三角形になっている側面に入り口を付けているような様式です。
内部の中心に柱が置かれ、この柱を心の御柱と呼ばれています。
出雲大社の神殿の平面図は、四隅と四辺の中心にそれぞれ柱が置かれ、そして心の御柱を加えて九本の
柱が配置されています。
出雲大社の本殿内部は、「田」のような形の仕切られています。出入り口は南側の右側に有ります。
オオクニヌシは出入り口の方を向いているのではなく(南側、拝殿の方向)西側(日本海の方向)を
向いて鎮座していらっしゃいます。
何か意味があってこのような座り方になっているのでしょうか?
どうやら海と深い関係があるようです。出雲大社の西方には、古事記に出てくる国譲りの神話の舞台
稲佐の浜があり日本海が広がっています。其の遙か先には、九州があり北部九州には宗像三女神の
タキリビメがいらっしゃいます。オオクニヌシとタキリビメとは婚姻関係にあり、そのことも関係
しているのかも知れません。

 

カテゴリ:出雲大社, 出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2012/11/15
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可