出雲大社の参道

出雲大社(いずもおおやしろ)本殿への参道は、非常に珍しい下り坂の道です。玉砂利の参道両側は、黒松の古木とその背後の広々とした森に囲まれていて

歩む度に厳粛な気持が高まってきます。重厚な注連縄が吊り下がる拝殿は、その注連縄に相応しいだけの豪壮さでもって参拝者を圧倒します。

二拝四拍手一拝の参拝をし、拝殿を回って見上げる本殿は、平安時代には、現在の本殿の2倍の高さ48㍍はあったとされています。

東大寺大仏殿をしのぐ国内最高の高層建築であったとされています。平成12年八足門前の地中から直径1㍍ほどの大木を三本束ねて一本の柱とした

鎌倉時代初期の巨木柱遺構が出土し、古代からの高層神殿の存在が確実視為れるようになりました。

いよいよ本年、5月10日には遷宮が執り行われます。

 

 

 

カテゴリ:出雲大社, 出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2013/04/06
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可