奈良時代「風土記」が伝える出雲地方

当時の人々の暮らしが、「出雲国風土記」にに記述してあります。この頃、大化の改新以来進められてきた統一国家としての形が見えてきました。
首長や高級官吏は中央政府から派遣され、それまでの統治者だった国造は、行政から退き祭事だけを司りました。
当時の出雲地方は、約七十の郷・駅があったと記されています。一郷が五十戸が基本のようですから、一戸とは家族集団の事で、平均が25人程度
居たようですので、それを計算すると総人口は8万人~9万人と推測されます。奈良時代の日本の総人口は五百万人~六百万人と推測され、
首都である奈良の人口が二十万人位だったと考えられています。出雲地方も奈良時代では、大都市であったようです。

 

カテゴリ:出雲市周辺ガイド, 周辺の観光スポット 最終更新日:2013/06/21
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可