出雲市周辺ガイド カテゴリの一覧表示


Page 3 of 4312345...Last »

都中を恐れさせた菅原道真公

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

901年、菅原道真は藤原氏の陰謀で「謀反(むほん・反逆のこと)の疑いがある!」という無実の罪で九州の「大宰府(だざいふ)」に左遷されてしまいます。
そして自分の無実が証明されることと国家の安泰を願って「天拝山(てんぱいざん)」という山に登り、天の神々にお願いし、この時に神様から「天満大自在天」の称号を得たとも言われています。
しかしその願いも空しく、菅原道真は京都に戻れないまま失意の内に亡くなってしまいます。享年59歳。
ちなみに亡くなったのは誕生日と同じ2月25日だそうです。
そして菅原道真の遺体は牛車に乗せられて大宰府の北東の三笠郡の辺りに運ばれることとなりましたが、遺体を運んでいる牛が途中にあった「安楽寺」の前で突然動かなくなります。
その場にいた菅原道真の弟子「味酒安行(うまさけのやすゆき)」は仕方なく遺体をその場に埋めて祠を建てて祀ることにします。
これが北九州にある「太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)」のもととなります。
そして菅原道真が死んだ直後、比叡山延暦寺の第13代座主(ざす・一番偉い坊さん)「法性房尊意(ほっしょうぼうそんい)」の目の前に菅原道真の霊が現れ、「今から私を左遷に追いやった者達へ復讐
のために祟りに行きますが、もしそれらの者達があなたに助けを求めてきても応じないでください。」と告げます。
困った法性房尊意は、「しかし天皇が直々に3回もお願いしにいらっしゃれば応じない訳にはいきませんよ。」と冷静に答えます。
それを聞いた菅原道真の怨霊はもっともなことだと返事に困ってしまったので、法性房尊意は菅原道真の気持ちを鎮めるためにザクロの実を道真に食べさせますが、菅原道真は食べたザクロを炎にして
吐きだし、自分の怒りをあらわにしたそうです。

 

 

「御霊信仰」

 

 

 

 

 

 

「御霊」とは、不特定多数の人々に災害や疫病をもたらすような霊鬼的な存在だそうです。元々から神社にお祀りされている
神は「御霊」とはみなさないようです。失脚したり、失意の内に死んだ人の霊ないし霊魂で、諸所のの疫神が「御霊」として
恐れられていました。「御霊」を鎮めることで平穏になり、さらには、繁栄を願うのが「御霊信仰」です。鎮めるための儀式を
「御霊会」と呼ばれています。神社に祀ることにより、祟りを恐れ、災いが止むことを懇願するよりも、守護神となって、繁栄と
隆運をもたらしてくれるよう願うようになりました。「御霊信仰」とは、マイナスをプラスに変える拠り所ともいえます。

 

何故、祟りが起こるのか?

 

 

 

 

 

 

(北野天満宮)

 

霊魂・御魂というのは、様々な「働き」をします。「荒魂」の働きの一つ「祟り」、死後の人間の霊魂による祟り
に注目してみたいと思います。歴史には権力闘争が渦巻いています。戦闘が繰り返され、陰謀や裏切りがあります。
志半ばの非業の死、戦いによる絶命、失意の憤死など数えきれません。その結果、世間に祟って、現在まで語り継がれる
人物も沢山います。神道の人間観から言えば、人にも霊魂があります。人は、神と同様の「働き」をします。
神道思想家、吉川惟足は、死後の霊魂は日之少宮に永遠に留まって神の天地造化を助けるといっています。
本居宣長も、死後の霊魂は、一部はこの世に留まり、神霊と同じく世の人々の幸福を支援するといっています。神霊の
要素には、勇猛ではあるが世の天変地異や不幸を招く働きもあります。「荒魂」です。人間の霊魂も「荒魂」の働きを
するときもあります。特に、恨みを持って死ねば、荒ぶり、祟り、世の中に不幸をもたらす蓋然性は低くないのです。
そこで古代人は死後の霊魂(御魂)を神として盛んに祀りました。「荒魂」を沈め祟りは鎮めて欲しい。出来ることなら
「和魂」となって人々を守護し、幸福をもたらして欲しいと願ったことでしょう。「御霊信仰」という考え方が登場します。

 

 

霊魂には「和御魂」と「荒魂」の両方があります。

「一霊四魂」という言葉があります。人間の霊魂は一つの霊と四つの魂で構成されているという考え方です。
一霊とは、「ナオヒ」直霊のこと。四魂とは「荒魂」「和魂」「幸魂」「奇魂」のことです。「一霊四魂」説では、
この四魂がそれぞれの正確を持ち補完し合うものとして存在しています。しかし、多くの神道説では「荒魂」と
「和魂」の二つに大別しています。では、「荒魂」と「和魂」とは、どもようなものでしょうか。
「荒魂」は、霊魂が荒ぶり。猛々しく勇壮な働きを持って現れるときです。神が祟りを及ぼす、天変地異が起こる
不幸が続く時など「荒魂」の活動によるものとされています。一方「和魂」とは、霊魂の穏やか働きを示しています。
「荒魂」とは反対に、神の優しく平和な、愛情に溢れた面を表しています。「荒魂」から「和魂」に変わる性質も
備えています。

 

 

 

日本の祟り神

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祟り神とは何か?
神道的な概念を心の奥底に持つ私達は、自然とは支配するものではなく、自分自身と一体的なものと、無意識の内に
意識しています。神と人と自然が共生ないし一体感こうした観念が日本固有のものとして体質化しています。
日本人が遙か昔から、神にも人にも自然にも、あらゆる物には「霊魂」が実在すると考えています。
それぞれの霊魂・御魂には、神の意志が働き、神の御霊を共有しているとの霊魂観が神道にはあります。
霊魂の働きのうち、恨みを持って死んだ人間の人間の霊魂の祟りや荒ぶり、それを鎮めようとする信仰(御霊信仰)を
見ていきます。

 

 

 

 

 

毘沙門天

 

 

 

 

 

 

 

元々はヒンドゥー教の財宝の神様クペーラ神で、仏教に於いて毘沙門天となりました。財宝神でしたが、中国を
経て日本に伝わる際には鎧をまとった武神の姿になりました。財の神としてだけではなく、勝負事の神様として
も信仰されています。

 

 

 

 

布袋様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唐の末期に実在したとされる仏教の高僧で、福福とした身体と大きな袋を持った姿をしています。太った身体は
富の象徴として信仰され、弥勒菩薩の化身とも考えられています。大きな袋に喜捨されたものを入れていたと
伝えられ、一説には堪忍袋とも言われています。

 

 

 

 

福禄寿

 

 

 

 

 

 

 

 

元々は道教における三星の化身とされる神様です。福禄寿の三文字が表すように、福(幸福)、緑(財産)、
寿(長寿)のご利益があるとされています。東部の長い老人の姿をしており、風貌や神性が似ていることから
寿老人と同一視する場合もあるようです。

 

 

 

 

寿老人

 

 

 

 

 

 

 

道教の神様で、南極星の化身とされています。長い頭部を持つ長寿の神様であり、福禄寿との共通点が多いです。
長い杖を持ち、不老不死の霊薬が入った瓢簞や不死長寿の桃などを持った姿で描かれています。

 

 

 

 

弁財天

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々は、ヒンドゥー教の女神様サラスヴァーティー神で、仏教において弁財天となりました。日本では、宗像三神の
一柱である市杵嶋姫命とされています。蛇神として描かれることもあります。
財をもたらす神様として信仰を集めています。

 

 

 

 

 

恵比寿様

 

 

 

 

 

 

 

 

七福神の中で唯一日本古来の神様で、大国主命の息子である事代主神や共に国造りを行った少名彦名命ともられています。
釣り竿を持ち、鯛を抱える姿で、古くは漁業の神、後に商売繁盛や五穀豊穣の神として信仰されています。
大黒様とセットで福の神様です。

 

 

大黒様

 

 

 

 

 

 

元々はヒンドゥー教のマハーカーラ神で仏教において大黒天となりました。日本では、読み方や神性の共通天から、大国主命と習合しました。米俵と福袋を持った姿で、財や食糧をもたらす開運招福の神様として信仰されています。

 

 

 

 

 

七福神

 

 

 

 

 

 

七福神といえば、一般的に「おめでたい存在」として知られる神様です。商売繁盛の恵比寿様、福を司る大黒様、勝利を導く毘沙門天、財を司る弁財天、人望を集める福禄寿、長寿の寿老人、繁栄をもたらす布袋様の七柱の神様です。
七福神全員で、財や出世、長寿、家庭円満・子孫繁栄など、一般的に人々が願うあらゆる幸福を司っています。
この七福神、実は日本の神様は一人しかいません。大黒様=大黒天、毘沙門天、弁財天が仏教における「天」です。
仏教では役割に応じて仏が姿を変えて現れるといわれ、「天」も元々インドのヒンドゥー教の神様です。
この三神は、ヒンドゥー教~仏教~神道と経過して習合した神様です。元から仏教の神様は(仏様)、布袋様です。
福禄寿と寿老人は中国で生まれた道教の神様、七福神の内日本の神様は恵比寿様だけです。七福神信仰は、平安時代後期から室町時代に始まったと言われ、庶民文化が隆盛した江戸時代に特に信仰が広まりました。

 

 

野見宿禰

「古事記」「日本書紀」において初めて「角力(相撲)」「力士」の文字が登場しますが、野見宿禰と当麻蹴速の対決です。
大和国の勇士、当麻蹴速が生死を問わない勝負を求めたため、第十一代垂仁天皇は、出雲国にいた勇士、野見宿禰を呼び野見宿禰と当麻蹴速は史上初の天覧相撲を行い、これが相撲の始まりと伝えられています。勝負は、お互い蹴り合う激しい
もので、野見宿禰が当麻蹴速の腰を踏み折って終わりました。当時の相撲は現在と異なり格闘技だったようです。
野見宿禰は、相撲の神様ととして現在でも信仰されています。垂仁天皇に仕え、それまで高貴な人物が亡くなると行われていた殉職の習慣の代わりとなるものとして、埴輪を考案しました。垂仁天皇の皇后、日葉酢媛命の葬儀の際に初めて用いられまし。
野見宿禰は士師氏の姓を与えられ、以降代々天皇の葬儀を司ることになりました。

建御雷神・経津主神

 

 

 

 

 

 

 

建御雷神と経津主神は、天孫瓊瓊杵尊が地上世界・葦原中国を治めるために降臨する前に、葦原中国平定のため天照大御神から
遣わされた神様です。伊邪那岐命が十束剣で火の神・迦具土神の首を切り落とした際に飛び散った血から生まれた神様で、二神を
同一神とする説もあります。建御雷神は鹿島神宮、経津主神は香取神宮に祀られています。両社は利根川を挟んで相対するように
位置し、地震を抑えるとされる要石があるなど、深い繋がりがあります。現在では、「神宮」と神宮号がつく神社は多くありますが
かつては伊勢神宮、鹿島神宮、香取神宮の三社だけでした。両社とも武芸上達の神様として信仰されています。

 

 

 

 

 

豊国大明神

 

 

 

 

 

 

豊臣秀吉は、尾張国の農民あるいは足軽の家に生まれたと言われています。織田信長に仕官するとみるみる頭角を現し、主要武将の
一人となり、信長が本能寺の変で死亡すると天下統一を果たしました。関白・太政大臣の官職につき、生前は上から二番目の位階で
ある従一位となり、慶長三年に亡くなると、最高位である正一位の神階と豊国大明神の神号が追贈されました。
亡くなった翌年には、京都に豊臣秀吉を豊国大明神として祀る豊国神社が創建されました。地震が起きた際には豊国神社周辺は被害
が出なかったため、地震除けの神様として信仰され、明治維新後は天下統一後も幕府を開かなかった功臣として豊国大明神は再興され
四民平等が謳われた明治政府のもと、立身出世の象徴として広く信仰されるようになりました。

 

 

 

 

 

 

天鈿女命

 

 

 

 

 

 

 

高天原で神々を笑わせた芸能の神様。踊りによって天岩戸隠れの危機を救い、地上に降り立ってからは福の神として信仰されています。
天鈿女命は日本の芸能の祖神ともされる神様です.天孫・瓊瓊杵尊と地上に降り立った天鈿女命は、猿田彦命と結婚したとも言われています。
天鈿女命が踊った踊りは、神社で行われる神楽の始まりとされ、日本の芸能の原点と言われています。また、「おたふく」「おかめ」
等と呼ばれ、福の神としても信仰されています。

 

 

 

 

 

木花開耶姫命

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神話の中でも最も美しいと言われると同時に命のはかなさも象徴する神様。富士山の御祭神としても知られています。
山の神である大山祇神の娘とされ、霊峰、富士山の神様です。「古事記」では、降臨した天孫・瓊瓊杵命が笠紗の御前で
木花開耶姫命に出会い、一目惚れして求婚します。父神の大山祇神は大喜びし、木花開耶姫命とともに姉の磐長姫命も共に
娶るよう差し出しました。木花開耶姫命が山の木と花の神様であるのに対し磐長姫命は山の岩石の神様で、その容姿が醜かった
ため大山祇神の元に帰されました。瓊瓊杵尊と結婚した木花開耶姫命は一夜にして懐妊しました。瓊瓊杵尊が自分の子か疑った
ため、怒った木花開耶姫命は産屋の出入り口に火を付け、燃えさかる炎の中、火照命(海幸彦)、火須勢理命、火遠理命(山幸彦)
の三神を無事出産しました。そのため安産の神様として信仰があります。木花開耶姫命は父神である大山祇神から富士山を譲り受け
全国の浅間社で祀られるようになりました。

 

 

 

 

神功皇后(安産の神様)

 

 

 

 

 

 

 

 

息長帯売命とも呼ばれる神功皇后は、第14代仲哀天皇の后であり、全国で八幡様として信仰のある応神天皇の母です。
仲哀天皇が九州の熊襲を征討しようとした際、神功天皇が神懸かりし、住吉三神から神託を受けました。
住吉三神は朝鮮半島への遠征を促しました。しかし、仲哀天皇は神託に従わなかったため急死しました。
その後、自らを摂政として政治を執りおこなったと伝えられています。八幡神である応神天皇を生み、天皇として
育てる姿から神母・聖母として鎌倉時代には仏教と習合して、聖母大菩薩と呼ばれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水天宮(安産の神様)

 

 

 

 

 

 

「水天」は仏教の信仰でしたが、日本の水神と習合すると安産の神様として信仰されるようになりました。
天之御中主神は、高天原に最初に現れた神様で、無から生まれた様子から出産を守護すると考えられるようになりました。
水天宮は久留米の水天宮を本宮とする神社で、天之御中主神、安徳天皇、高倉平中宮、二位の尼をお祀りしています。
壇ノ浦の戦いで入水して崩御された安徳天皇と高倉平中宮、二位の尼の御魂を慰めるために、高倉平中宮に仕えた按察使局
・伊勢によって祀られたことに始まります。安徳天皇は、高倉天皇と平清盛の娘である高倉平中宮の皇子で、生後間もなく
立太子し、わずか一歳六ヶ月で天皇に即位し、六歳の時に源平合戦最後の戦いとなった壇ノ浦の戦いで二位の尼に抱かれながら
入水し、史上最も若くして崩御した天皇です。子供を守る神様として信仰されるようになりました。
また、祖母である二位の尼、母である高倉平中宮と共に祀られていることから、母子を守る安産の御神徳があるとされています。

 

 

 

 

 

Page 3 of 4312345...Last »
予約受付

防火基準適合マーク 当ホテルは防火基準適合表示要綱に基づく表示マークの交付を受けております。

交付日
 平29年8月1日
有効期間
 平成32年7月31日まで
公付機関
 出雲市消防本部

  • 住所
    〒693-0001
    島根県出雲市今市町864-5
    TEL 0853-23-1700
    FAX 0853-22-9620
  • チェックイン・アウト
    チェックイン時間  16:00より
    チェックアウト時間 10:00
  • 駐車場
    駐車場無料 大型車可